ライフスタイル

テレワークに最適な職種は?どこで探せばいい?

こんにちは、ママデザイナーのひめ(@millys_design)です。

最近、在宅で仕事を推奨する動きが高まっていますね。

新型コロナウイルスの影響で、普段は企業勤めの人たちもいわゆるテレワークの推奨がされています。

テレワークはあくまで、オフィス勤務でそれ以外にも働く場所があることを指しているそうですが、日本テレワーク協会によると以下の定義だそうです。

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

※「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語

日本テレワーク協会サイトより引用

 

ひめ
ひめ
元々東京オリンピック開催時に混雑緩和のため、テレワークが推奨されましたが、新型コロナの拡大で、予定より早くテレワークが推奨されてしまいましたね。
私も在宅ワークをしている日があるので、家で仕事を推奨する流れは賛成です。

今回は、テレワークが出来ない!でも在宅で仕事をしたい!

そんな方々のため、在宅ワークを実現させるために出来ることを紹介します。

この記事はこんな人にオススメ
  • 具体的にどんな職があるのか?
  • 在宅OKな仕事はどこで探すのか?
  • 自分らしく働くためにどうすればいいのか?

在宅で仕事をしよう!

職場に行かず、自宅で仕事が出来たら……

小さい子どもがいるママさんは、特によく考えますよね。

 

そうでなくても、人間関係に悩みたくない、社交的じゃない、そもそもインドア派だと、悩みますよね。

私もそうです、あまり職場で喋りたくないです。。
集中したいのです。

 

が、会社勤務はチームで動いているので、そうもいかないですよね。

どこどこのお店が美味しいだの、最近のニュース、子どもの話、休日明けはどこどこへお出かけしただの。

会話するなとは言いませんが、聞きたい時と聞きたくない時があるのです。すみません。

そういう時、”あ〜、嫌だな。家で自由に出来たらどれだけ楽か!!“と思います。

具体的にどんな職なら、在宅で仕事が出来る?

本気になれば大体の職は、在宅でもいけるんじゃないかと思います。

店舗で在庫を抱えていたり、個人情報の関係で持ち出し禁止の所は無理だと思いますが。

 

在宅勤務が可能な仕事

Webデザイナー、プログラマー、ブロガー、ライター、イラストレーター、YouTuber、ネットショップ運営、オークション、ハンドメイト作家、漫画家、小説家、翻訳家、カスタマーサポート、チャットレディなど

在宅勤務が無理な仕事

飲食など接客系、銀行などお金関係、役所など個人情報を扱う関係、運送、農業、工業、医療関係、学校など

 

パソコンがあれば出来る職種ばかりですね。

Amazonは顧客からの問い合わせ対応をする、カスタマーサポート職を在宅で募集していましたので、これから企業も進んで募集し始めるかもしれません。

 

企業から在宅勤務を条件で採用してもらい、働くのが1番効率良く、収入を確保する上では最短手段となります。

(正直、Webデザイナーやブロガー、YouTuberなど、稼げる!始めよう!みたいな風潮がありますが、自分でゼロ始めるものは結果が付いてくるまで、かなり時間がかかります。
働いてすぐ収入を確保しなければいけない!という人は、本業で収入を確保しつつ、小さく副業として始めるのが鉄則です。)

在宅勤務を探そう

在宅勤務というと、フリーランスが真っ先に思いつきますが、先に述べたように自分で開業してやっていくのは、収入面で安定するまで時間がかかります

それより、企業に採用されて在宅で勤務が出来る仕事を探す方が、収入面でも早いです。

 

でも、スキルがない!どこから在宅仕事を探していいかわからない!

そんな時、有名なところでは、ランサーズやクラウドワークス(オンライン上で仕事受発注が出来るサイト)がよく紹介されますが、私は楽天仕事紹介をオススメします!

楽天仕事紹介で探す

楽天が公式に運営している、ECサイト(ネットショップ)に特化した求人を掲載しているサイトです。

職種も事務、Webデザイナー、カスタマーサービスと多岐に渡ります。

普段、楽天市場に出品しているショップの求人情報が掲載されており、会社勤務、在宅勤務と検索条件を絞ることが出来るんです!

また、首都圏だけでなく、地方求人も多く掲載しています。

 

求人検索をする時は、タウンワークやフロムエーなどのサイトを利用する方が多いと思います。

ですが、楽天仕事紹介は外部の求人サイトには出ていない求人が数多くあります。
(indeedは情報を引っ張ってくるのか、なぜか掲載されます。)

本当は紹介したくないくらい、在宅で仕事したい!ネットの仕事がしたい!という人には超オススメサイトです。

パソコンやクリエイティブな仕事もしたことがないし、特化したスキルが何もない、という人でもチャレンジ出来る職種がありますので、1度覗いてみてください。

ランサーズ、クラウドワークスでオンライン受注する

在宅で仕事をしたい時、ランサーズクラウドワークスといったオンライン上で仕事の受発注が完了するサイトを利用する方、オススメする方は多いです。

メリット

  • 誰でもすぐ出来る仕事(アンケート回答、記事作成、データ入力など)が多数ある
  • 登録したその日の内に仕事が決まることも、多々ある
  • デザインや営業、経理など、得意なスキルがあればある程、仕事を獲得出来るチャンスが多い
デメリット

  • スキルや経験値がないと、なかなか仕事をつかめない
  • 何もスキルがない場合、単価の安いアンケートやネットショップの商品登録、記事作成をするしかない

 

アンケートや記事作成は誰でもすぐ挑戦出来る仕事ではありますが、単価が安く設定されています。

アンケートに答えて10円や、ライティング・記事作成で1文字0.1〜0.5円の仕事が多数のため、仮に2,000字の記事を書いたとしても、1文字0.1円なら1記事200円にしかならないです。

収入としてみるなら、1ヶ月5〜10万円は欲しいところですよね。

記事作成で、5万円を売り上げたいなら…

1記事200円なら、250記事必要
(1記事書くのに慣れている人でも、2時間はかかる)

1日の作業時間が8時間なら(会社勤務の人と同等にすると)、4記事が限界

毎日休みなく書き続けた場合、4記事×30日=120記事

1ヶ月の合計金額…1記事200円×120記事=2万4,000円

どうでしょう?

ランチタイムにバイトパートで働きに出た方が圧倒的に稼げるし、時間が短くても2万4,000円は超します。

厚生労働省によれば、(2020年2月29日現在)全国の最低賃金の平均は、901円

記事作成2万4,000円とする÷901円=26.637…

バイトパートで働いた場合の約26時間に相当

1日5時間として、バイトパート勤務5.2日で2万4,000円を達成することになります。

ランチタイム前後にファミレスで平日5日間のみ働けば、250記事(1記事200円の単価)と同じ

 

少し希望がなくなってしまいましたか?

もちろん、めげずに記事を書き続け、1文字の単価を上げていけばこの限りではありません。

在宅で、自分の力で稼ぐのは最初はとても難しいですが、チャレンジする価値はあります。

作品をminne、Creemaで販売

minneCreemaは、作家さんの作品が多く販売されています。

種類も多く、アクセサリー、ファッション、生活雑貨、パンやケーキなども販売されています。

 

何かちょっとした物でも作れるのなら、販売を始めるのがオススメ

基本在宅での作業となるし、作品を極めたい人ならオススメの働き方です。

特技があるならココナラで販売

何か特技があるなら、ココナラで売ってみるのはどうですか?

イラスト、Webサイト、士業、ビジネスサポートなど、人に代わって請け負うものから、占い、ダイエットサポート、お悩み相談なども売ることが出来ます。

ココナラの特徴として、占い師が非常に多く登録しており、大変人気です!

 

また、在宅勤務可能な仕事のほとんどは、ココナラで販売が出来る仕事でもあります。

Webデザイン、プログラム、YouTubeのサムネイル作成、アイコンやヘッダーイラスト作成など。

こんなことが出来ます!と提示し、それを買いたい人から受注が入ったら、サイト内のDMでやり取りをし、納品する形です。

 

人からよく相談を受けたり、ダイエットに成功したからサポートしたいなど、人より特化した何かはありませんか?

その特技、もしかしたら誰かが求めている技術かもしれません。

まとめ

ネットを駆使すれば、在宅での仕事を探すことは可能です。

ですが、単価が低い状態から始める可能性が高いので、頑張って上げていくか、副業がいいのでは?と個人的には思います。

収入があまり気にならない人は、上記の方法から始めていくのが在宅ワークの入り口となると思います。

ABOUT ME
hime *
Webデザイナー。30代ママ。 20年前からサイト運営、ブログ運営を経験しているWeb大好き人間。 20代で人生迷子になるものの、事務職を続け結婚出産後に復職。しかし、週5フルタイムでキツい&今後が不安になり、Webスクールへ。 卒業後、ネットショップのWebデザイナーになりました。