仕事内容

Webデザイナーの1日の流れ&大変なこと【ネットショップ勤務】

こんにちは、ママデザイナーのひめ(@millys_design)です。

早いもので、私がWebデザイナーと名乗ってから半年が経ちました。

Webデザイナーと名乗るのは簡単。でも、続かせるのが1番難しいんです。

ひめ
ひめ
以前、仕事が終わってからのルーティンは記事にしましたが、仕事中に何をしているのかは紹介していませんでした。
ネットショップ勤務なので、制作会社に比べると時間的に楽かなと思います。

今回は、Webデザイナーが日頃何をしているのか気になる!という声にお応えし、Webデザイナー(ネットショップ勤務)の1日の流れ、そして大変なことを紹介します!

Webデザイナー(ネットショップ勤務)の仕事内容

私の主な仕事内容は、以下です。

仕事内容
  1. SNS運用
  2. 自社ショップへの商品登録、修正
  3. SEO対策
  4. 自社オリジナル商品の開発(デザイン)
  5. 自社サイト作成
  6. その他頼まれごと

1日の流れ

1日の流れ
  • 9時出勤
    掃除
    掃除機やコロコロをしつつ、今日はどんな日になるかな~と考え事をする。
  • 10時~
    前日のSNS投稿の分析、インスタ投稿の準備
    主にインスタへ投稿したものの分析をします。どの投稿が反響が良かったのか?今後どういう投稿にしようか?と考えつつ、今日投稿する商品の選定をします。
  • 12時頃
    インスタ投稿
    Illustratorを使い、投稿画像を作ります。新商品や売れ筋商品、季節や行事に合わせて投稿商品を決めています。
  • 13時
    その他頼まれごとの作業
    前日夜から動きがあったもの、デザインのフィードバックからの修正など。
  • 14時頃
    お昼休憩
    職場で食べたり、外へ行ったり。ここでお菓子や飲み物を調達したくなる。
  • 15時~帰宅まで
    自社オリジナル製品開発のデザイン、新規商品の登録など
    デザインをしていると、2.3時間なんてすぐ過ぎていくので注意が必要。そして、なかなか終わりが見えない。

 

こんな感じで過ぎていきます。

Webサイト制作会社と違い、特に急ぎの納期は発生しません

ほぼルーティンワークで、変わり生えしないです。

季節行事や、セール期間中と前後に動きが活発になります。

ネットショップ独特の大変なところ

各ショップの仕様に合わせるのが大変

まず、ネットショップ勤務が始めての場合、仕組みを覚えることが大変です。

そうは言っても、全然わからない!すごい大変!というわけでもないです。

ネットショップの大手はAmazon、楽天市場、Yahoo!とありますが、各ショップの仕組みやセール時期は違うため、基本情報を知るところから始めなければいけません

 

商品登録の仕方、注文への対応、問い合わせへの返信などの基本的なことから、サイトデザインの方法が普通のWebサイトと違うため、それに合わせた方法を取ったりしなければいけません。

普段のWebサイトを作るのと、ある程度テンプレートがある中で作成していくのは違いますよね?

各々仕様が違うので、それぞれ覚えないといけないのが大変なのです。

Webサイト作成と、ネットショップの仕事は全く別物

ネットショップの会社に就職しようと思うと、Webサイトが作れて、Webの知識があっても、ネットショップ経験がないと採用されないことは多いです。

未経験で入る場合、少し苦労するかもしれないので、Webサイト作成+何か特技(イラストが描ける、紙のデザインが出来る、事務や経理経験、顧客対応が上手いなど)があるといいと思います。

 

結局、ショップが求めているのは、サイト上に商品登録出来る人が前提のため、それが出来るかどうか判断のところも多いようです。

逆に、ネットショップに少しでも勤務経験があれば、他のネットショップでも重宝してくれます。

ECサイト、ネットショップ、ネット通販、オンラインショップの違いは?

一般的にWebサイト上で買い物が出来るサイトをネットショップと呼んでいるので、この記事もその単語を使用しています。

ですが、ECサイトやネット通販、オンラインショップとも言ったりしますよね。

これらは全て同じ意味だそうです。

ECサイトは電子商取引を行うウェブサイトのことなので、ネットショップと同義です。

Webデザイナー間ではネットショップではなく、ECサイトと呼ぶのが一般的です。なぜかはわかりませんが。。

まとめ

ネットショップ勤務のWebデザイナーの1日、どうでしたか?

時間がきっちり決まっていない仕事が多いので、随時頼まれごとが発生したら先にそちらをして…という感じになります。

 

また、比較的時間は自由!

その分、自分の裁量次第で仕事内容が決まっていく感じです。

自分のスキル次第で、どこまでもやっていけるので、何でもやりたい!という人には最適です。

逆に、これしか出来ない、指示されたこと以外は出来ない…という人には難しいです。

 

以上、ネットショップ勤務のWebデザイナーの1日&大変なことでした。

ABOUT ME
hime *
Webデザイナー。30代ママ。 20年前からサイト運営、ブログ運営を経験しているWeb大好き人間。 20代で人生迷子になるものの、事務職を続け結婚出産後に復職。しかし、週5フルタイムでキツい&今後が不安になり、Webスクールへ。 卒業後、ネットショップのWebデザイナーになりました。