体験談

【30代未経験】ママが仕事しながらWebデザインスクールに通ったら…

こんにちは、ママデザイナーのひめ(@millys_design)です。

今回は、30代主婦がWebデザイナーになるまでの全記録の第3段!!

 

最初から読みたい方はこちら↓

【30代未経験ママ体験談】未経験でWebデザイナーを目指した話こんにちは、ママデザイナーのひめ(@millys_design)です。 突然ですが、現在私はWebデザイナーとして働いています! ...

前回の記事はこちら↓

【30代未経験ママ体験談】最後の転職に選んだのはWebデザイナーこんにちは、ママデザイナーのひめ(@millys_design)です。 前回から、30代の事務員だった主婦の私が、Webデザイナー...

 

ひめ
ひめ
今でこそネットショップのWebデザイナーをしているけど、当時を思い返すと本当に壮絶…
2度と体験したくない。。

前回までのあらすじ

産後職場復帰し、平和な日々を送っていたひめ。

しかし、ある1人の部長のせいでメンバーがほとんど辞め、突然部署崩壊の危機に!!

迫りくる大量の仕事に、沈没船と化した職場で疲弊する毎日。。

 

そんな中、必死に見つけた1つの希望は…

「Webデザイナーになること」でした。

 

果たして無事に、職場から脱出出来るのか?

今回は、いよいよスクール通い編です!

スクール通いを決断

考えに考え抜き、Webデザイナーになることを決意したものの…

Webデザインスクールに通いたい!と、旦那には相談しなかった。

 

なぜなら…

私がすぐ飽きるとか、回り道が多過ぎてお金の無駄になる、という事をケンカする度に旦那が言っていたから。

言ってもダメだなと自己判断。

そりゃ、客観的に考えたら、そんなフラフラした人信用せんわ(泣)

確かにその通り過ぎるから、悔しい〜〜。

 

今までの主な失敗一覧
  • 新卒で入った会社を2ヶ月で辞めた
  • 2社目は2年で辞めた
  • デザイン事務所にWebデザインを習いに行ったが、辞めた
  • 資格の専門学校に通ったが、辞めた
  • その他スキルを身につけようと、習い事をいくつかしたが辞めた

 

これらを全て足したら、車が買えます(泣)

 

まぁ、これじゃあねぇ。

言ったところで、またこいつは何を?と旦那が思うはず。

でも、この時の私はもう限界!!

 

限界だった理由
  • 旦那は仕事が忙しく、家事育児に関わってくれない
  • 職場は毎日戦場
  • 沈没船から悠々と逃げ出すメンバーたちを、船からいいなぁ〜と眺める日々
  • 子どもがちょうどイヤイヤ期だった

 

そんな日々から、なんとしても脱出しなければならないのだ〜!!

と1人、燃えていたんですよ。

こうなったら、もうスクールを探すことしか考えられず。

失敗は繰り返してはならぬ!と心に決めて)

 

とはいえ、どうしたらいいんだろう?とずーっと考えていました。

Webデザイナーになりたいと目標を定めたものの、もう子どもは保育園に行っていたし、家計的にも確実に働けないと困る。

でも、確実に転職出来る保障もない。

毎日不安とも戦うことに。

 

でも、何回考えても私の頭の中は↓

 

ひめ
ひめ
不安<<<<<<抜け出したい

 

 

でも、今度こそ失敗してはならぬ!

スクール卒後、仕事に繋がらないと何の意味もない!

不安を脱ぎ去り、スクールを探し開始!!!!

 

オンラインより通学制の方がスクール生同士が交流出来たり、バックアップ体勢が良さそうだと思い、通学制スクールをいくつかピックアップ。

同時に、現在のWebデザイナーや業界はどんな状況なのかもググって調べました。

調べる中、いろんなところで言われていたのが…

 

「フリーランスで仕事をしよう!」

「Webデザイナーは主婦にオススメ!」

「家事の合間に仕事を取って、月10万!」

 

という、キャッチコピーの数々。

ホントかい?と思ったけど、速攻で間に受けた(笑)

 

そして、運良く卒後もバックアップが良さそうな所が見つかったため、説明会へ行くことになりました。

いざ、スクール通い開始!!

まんまと罠にハマり、カモネギ状態の私。

説明会後、そのままスクールに入りました!

 

ちなみに、学費はというと…

約35万円(タカイ〜泣)

 

これでも、安くなった方なんです。

なぜかというと、デザイン経験があり、フォトショやイラレの使い方もわかっていて、経験者割引が効いたから。

 

ひめ
ひめ
なんでも経験しておくもんだな!と過去の自分に感謝したさ。
誰かに感謝したのなんて、結婚式のエンドロール作りでiMovie使って変換ソフトなしでスムーズに出来て、ジョブズに感謝した以来。

 

で、肝心のスクールはどうなの?というと…

Web上で解説動画の視聴が出来たため、通学は最低限。

 

平日

動画の解説を見て理解、課題をこなす(自宅で夜中にやる)

土日

朝一から講評を受ける(スクール)→その日か次週までに修正(自宅かスクールで)

 

→その日かまた次の週に課題を出す(スクール)→新しい課題を貰うorまた動画解説を見て〜に戻る

これの繰り返し。

 

ひめ
ひめ
まぁ平日は仕事もしながらなので、勉強に割ける時間はこれが精一杯。

 

大変だったけれど、それ以上に久々にデザインが出来ることが嬉しかったんですよ!!

嬉しすぎて、ずーっとパソコンに向かい、ひたすら勉強をしていました。

勉強をしているという感覚はなく、趣味の延長線状態。

 

子どもには申し訳なかったけど、「あの時の母ちゃんは頑張った!」と言えます。

スクール通いで大変だったこと

子どもの預け先

通学は最低限に出来ましたが、代わりに家で勉強する必要があります。

子どもがいる人はわかると思いますが、自宅だと何も捗らなかった!!泣

 

大体のスケジュール

平日:日中は仕事(フルタイム)。子どもが寝てから23時〜深夜2時頃まで、毎日パソコン前に座って勉強。

土日:朝から実家に子どもを預け、昼過ぎまでスクール。終了後実家に帰宅し、子どもと自宅へ戻る。帰宅後は勉強したり、グダグダしたり。

これを2ヶ月間やりました。

 

実家が劇近!という訳でもなく、実家、スクール、我が家が全く別の方向(三角形が描ける)。

我が家→実家→スクール→実家→我が家、と戻ってくるのがとにかく大変で。。

 

旦那が休みの時は預けましたが、毎週土日に休みと決まっていないので、ほぼ実家頼り。

疲れたけど、実家には本当にありがとう!と言いたいです。

寝不足

平日は、寝不足が1番の問題でした。

でも、早くカリキュラムを終わらせたかったので、頑張った。

(おかげで、3ヶ月かかるところを2ヶ月で終わらせましたよ)

 

深夜に勉強していたため、日中に物凄い睡魔が襲ってきて、大変だったさ。。

ネット環境

意外なところで大変というか、困ったことがこれ。

当時、我が家はポケットWi-fiを使っていまして。

私がスクールの解説動画ばかり視聴していたため速度制限がかかり、夜に動画が見えないことが頻発!!

 

私は勉強したい時に動画が見えず、子どもや旦那はネットやYouTubeが好きな時に見えない!となり、固定の光回線を引くことに。。

子どもが成長しYouTubeばかり見るようになったため、どちらにしろ固定にして良かったのですが、その時は予定外の出費でした。

時間の確保

主に、夜か土日に勉強していたのですが…

なにせ主婦でフルタイム勤務のため、時間を作るのが本当に大変だった!!

 

仕事に行き、帰ってご飯を作り、子どもの相手もして、お風呂入って寝かしつけて、なんなら洗濯機も回して干して…

もう何の気力も残ってないわ!

明日も戦地で仕事じゃい!

状態…

 

ひめ
ひめ
もう本当に毎日大変だった。
(この一言しか言えぬ。)

 

そうです、この頃もまだ戦地でした、職場が!!

毎日沈没船に乗り込み、いつ沈むの?!脱出ボートどこ?ってか、なんでみんな悠々と新しい船で逃げてるの?

えっ?デカプリオ沈んだってよ!私らもそろそろ…

そんな状態の職場でした。

タイタニックも真っ青さ。。

 

私は普段から適度に仕事をこなして余力を残し、家に帰ってから余力を使って本番を迎えていたのですが…。

この頃は戦地で体力が9割強削られ、もう夕方にはHPが残っていなかったんです。

(回復呪文があればいいのに、と本気で思った泣)

 

家でも職場でも常に体力がマイナス状態で、パソコンに向かっていた記憶が。

それでも、人って好きなことをする時は多少HP回復するようで、気力が助けてくれたかと。

 

この頃は毎日、エヴァンゲリオンが発進する時のBGM、チャ〜チャ〜チャチャチャ〜チャチャチャチャ〜♪の曲が頭の中で流れていました。

(タイトルわからないけど、エヴァで1番有名なBGM、ヤシマ作戦の時の曲)

 

「使徒という名の、部長を、私は倒す!!!!」

という気力だけで、初号機という名の職場に乗り込んでいた、はず。

 

ひめ
ひめ
よくそんな気分のまま、その後1年も職場に残ったもんだよ…

 

【次回予告】

スクール通い後編。そして、転職へ。

次回も、サービスサービス〜♪

ABOUT ME
hime *
Webデザイナー。30代ママ。 20年前からサイト運営、ブログ運営を経験しているWeb大好き人間。 20代で人生迷子になるものの、事務職を続け結婚出産後に復職。しかし、週5フルタイムでキツい&今後が不安になり、Webスクールへ。 卒業後、ネットショップのWebデザイナーになりました。