Webデザイナー

【30代未経験主婦】Webデザイナーを目指した理由&なれた理由を公開!

こんにちは、ママデザイナーのひめ(@millys_design)です。

私は現在、ネットショップのWebデザイナーとして、毎日忙しく働いています♪

Webデザイナーって、名乗れるだけで嬉しいし、毎日パソコンと睨めっこでカチャカチャ作業出来るなんて夢のよう〜。(ちょっと病的)

が、私ほんの半年前までは、ただの事務員だったんです。

ひめ
ひめ
30代前半、Webデザイナー経験ゼロ。
それでも現在、ネットショップのWebデザイナーの仕事をしています♪

デザイナー未経験、しかも3歳児のママで30代!!

不利な条件しかない!!

と思われた私が、Webデザイナーを目指した理由、そしてなれた理由についてお話したいと思います。

 

ママは転職に不利なのか??

についても触れていきますので、ぜひご覧ください。

なぜWebデザイナーを目指したのか?

目指したきっかけ

ずばり、家事育児と仕事との両立に疲れ、

仕事と人生のバランスを考えざるを得なくなったからです…

 

育休後、仕事との両立がしんど過ぎ&職場環境が変わった事で仕事量が凄く増え、結果として両立がしんどくなりました。

 

この話は、またの機会に詳しくお話しますが…

自分が無理しないため、働き方を考えないと辛くなりました

無理をしないための働き方を考えた結果……

働き方を変えると言っても、当時子どもはまだ2歳。

1歳になる月から保育園に通っていて慣れているとは言え、赤ちゃんをやっと抜けたかな?という頃。

そんな状態で、無理に仕事を変えるという選択もできず、育休明けからず〜っと現状維持でした。

でも、変えなければいけない。

 

徹底的に考えました。

もう何年も前に済んだ、就活並に以下のことを考えました。

  • この先どういう生活をしていきたいのか?
  • どんなことが出来たら幸せなのか?
  • そして、私は何ができるのか?(仕事のスキル)

 

その結果……

もう私にはWebしか残っていない

と思ったんです。

Webしか残っていないと思った理由

なぜ、そう思ったかというと…

元々20年くらい前から自分でホームページを作ったり、ブログをカスタムしていたからです。

 

「Webデザイナーになりたいなぁ〜」

そう最初に思ったのは、今から約15年前の学生の頃です。

当時はまだネット社会とは言えず、携帯電話もガラケーだった時代です。

その頃なろうと思い、調べましたが、Web専門の制作会社がなかったんです。(地方在住のため)

あっても、紙類のデザインをする会社が、Webサイトも作っているところが主流でした。

しかし、その頃のデザイン系の仕事といえば、とにかく残業が多い!と言われていたため、避けて通りました(笑)

 

また、当時はWebデザインを教えてくれるスクールが少なかった

 

あっても、超都心部。(東京か大阪か?という具合。俺か俺以外か?みたいな選択肢の狭さ)

地方にあるのは、いかにもパソコンスクールというスクールしかなかったんです。

それでは趣味とはいえ、自分でサイトを作って運営していた私としては、レベルが低かったのです。

やりたかったのは、当時流行っていたFlashでバンバン切り替わっていく、動きのあるサイトが作りたかったし、それが出来ないとちょっと不利でしょ?というくらい、ちょうどWebサイトが進化中の頃でした。

なのに、そもそもFlash講座がないスクールが大半でした。

 

都心部のスクールに見学行ったこともありますが、クラス制で授業が朝からあったため、時間的に通えませんでした。(新幹線で通っても何時に乗らなきゃいけないねん!というくらい。金銭的にも無理だった)

 

そんなわけで、新卒でWebデザイナーを目指そうか?と検討したものの、なるには時期が早すぎ&場所が悪かったためなれず…

更に卒後2、3年目の時も検討したのですが、やはり状況は変わっておらず。。

唯一変わったことといえば、デザイン事務所でWebサイトの作り方を教えてくれるところが出てきたくらい。

そこにDTPデザイン習いに行ったり、Webサイトを習いに行ったものの、就職するには力及ばず……

現在に至りました。

「上京しろよ〜」と当時の私に言いたい。
(上京しなかったおかけで、旦那にも子どもにも会えたので、まぁ良しとしますが)

「デザイナーと名乗りたかった」という後悔があったから…

Webしかないと思ったのと同時に、こんなことも考えていました。

それは……

人生の最期、何に後悔するだろう?ということ。

 

そして考えた結論は……

デザイナーと名乗れなかった」という後悔でした。

 

その答えが出た時、これはもう今やらないと何も残らない人生になる!と焦りました。

そして、元々Web系についてある程度知識があるとはいえ、子育てで長らく縁遠かったため、現在Web系の動向について早速調べ始めました。

 

Web系の最近の動向調査をしてわかったこと

動向調査をしていたら、なんと!

Webデザイナーは在宅で仕事出来る!!

と、いろんなところで言っているではないですか!(主にスクールですが)

流行りのフリーランスってやつです。

 

さらに調べてみると、ネット上で仕事を貰うのが流行っていて、ブロガーもたくさんいて、アフィリエイトで稼いでいるとの情報も入りました。

また、フリーランスは主婦におススメ!時間も場所も自由で、満足♪との口コミも多数見ました。(本当かどうかわからないけど)

 

ただ、在宅で仕事出来るとしても、自分で仕事を取る術がないな〜と思い、ここは更に詳しく調べる必要があると感じました。

同時にスクールも、ただのパソコンスクールじゃ意味がないと思い、ちゃんとWebサイトが作れるスクールを調べました。

 

スクール選びで重視したことは、以下の通り

  • 通いやすさ…家からも職場からも適度な距離を希望
  • 学習のしやすさ…家でも黙々と進めたいから映像教材がいい!カリキュラムもちゃんとサイト作成が出来るところがいい。

 

仕事も家事育児もしている私でも通えるところ、という目線でスクール選びをしました。

 

ひとまず、良さそうだなというスクールも見つかったため、1度説明会に行って、実際に聞いてみることにしました。

独学は時間もないし、何より1人では自信がなかったんです。

 

説明会に行って、不安の全てが改善されたわけではありませんでした。

けれど、久し振りに自分の中で凄くやりたい!手を出したい〜!!

という気になったため、通うことにしたのが、きっかけになりました。

Webデザイナーになれた理由

きっかけはなんであれ、無事にスクールを卒業し、Webサイトを作れるようになりました。

約15年越しの夢が、叶うのか?というところにやっと到達しました!

実は、面接には1社しか行っておらず、その1社が現在務めているネットショップの会社なんです。

 

でも、なぜスクールは卒業したけれど、何の実務経験もない30代ママの私が、Webデザイナーになれたのか?

理由は、主に以下の3点だと思います。

Web系知識が元々あったため学習がスムーズだった

元々サイトを作っていたので、そこそこ知識がありました。

本格的に作っていたわけではないけど、昔からネットサーフィンやネット系の新しいサービスが好きだったんです。

Yahoo!でよく検索していたしFacebookは紹介制の時から、楽天もオークションメインの時から利用していました。

インスタも今でさえ「インスタ映え」という流行語を作ったけれど、真四角の写真が撮りたくてiPhone4かな?の時からよく使っていました。(ホームがなぜか海外の人が投稿してる写真がたくさん出てきて、変なアプリだなとしか思っていなかった)

ブログもまだmixiやニコニコが全盛期の頃にアメブロで始めて、自分で書いた絵をヘッダー画像にしたり、カスタムもしていました。

そんな感じで、一通り最初の頃を見てきて試しているくらい、Web系が大好きだった

Webデザイン以外のスキルがあった

前述した通り、デザイン事務所にデザインを習いに行ったことがあり、DTPを習っていいました
そのため、Illustratorが使えたのです。

Photoshopは約20年前、まだ高校生の時にタブレットを買ってもらったら付いてきた、(Photoshopエレメントだったかな?)で絵を描いていたため、Photoshopも使えたので、グラフィック関連ソフトはOK。

 

更に、物心付いた時から絵を描くことが好きで、デザイン事務所にデザインを習っていた同時期に似顔絵を習ったり。

Illustratorが使えるという理由で、年賀状時期の短期バイトで大活躍したこともあったり。

 

余談ですが…...

Webデザイナーも、紙のデザインの知識はあった方がいいです。

Web専門の制作会社に行けば紙のデザインはしないと思いますが、少し小規模の会社のWeb担当になってしまうと、Webでも紙でもデザインには違いない!と思って、あれこれ頼まれます。

ホームページ作ってよ〜、チラシ作ってよ〜、ポスターも出来るよね?名刺のデザインもしてよ〜って具合に。

 

これがフリーランスなら、ますますこうなります。

ホームページ作って、名刺も作って、チラシも作って〜ということ、結構あるようです。

 

紙のデザインの知識がないと、チラシってどうやって作るの?デザイン会社に入稿って、そもそも入稿って何??というところから調べなければいけません。

Webデザイナーのスクールではデザインは教えてくれませんし、“入稿”なんて言葉も出て来ません。

そういう意味でもデザイン全般の知識は必要ですし、スクール卒業後も勉強は続けなければいけません。

ママだからこそ、なれた

これが1番盲点でした!

そもそもママだからということを、武器にしようだなんて、全く考えてなかったのです。

小さな子どもがいるって、大体の企業ではマイナス評価だと思っていました。

でも、私はママであることが武器になったのです。

 

ママさんが集まる会社で、Webデザイナーとして採用が決まったのです!

 

ママだから不利になるどころか、むしろそれが有利だったんです。

逆にママで不利になる理由は、時間の制約がネックになる場合がほとんどかな?とも思いました

まとめ

以上、私がWebデザイナーを目指した理由&なれた理由でした。

この仕事に就くまで、結局回り回って10年かかったことになります(泣)

もっと早くなれただろう…とも思うけれど、今だからこそ良かったとも言えるのです。

 

私が元々スキルそこそこだからなれたのでは?

と思う方もいるでしょう。

SNSくらいしか使わないんだけど〜っていう方でも、Webデザイン出来るようになります!

 

デザインはセンスも大事だけど、それより自分の中にどれだけたくさんのデザインのストックがあるかどうかだし(この話はまた後日詳しく話します)、それまでの仕事経験や人生経験も役立ちます。

何がどこで生かされるか、全くわかりません。

諦めるのは早いです。

 

時期が早過ぎただけかもしれないし、その時じゃなかっただけかもしれません。

私も振り返れば、「あの時じゃなかったんだな〜、やっぱり今がなる時だったんだ」と思います。

人生って時間が関係するパズルのようなもので、ハマる時にちゃんとハマるようになっていると思っています。

ABOUT ME
hime *
Webデザイナー。30代ママ。 20年前からサイト運営、ブログ運営を経験しているWeb大好き人間。 20代で人生迷子になるものの、事務職を続け結婚出産後に復職。しかし、週5フルタイムでキツい&今後が不安になり、Webスクールへ。 卒業後、ネットショップのWebデザイナーになりました。