育児と仕事の両立

フルタイム主婦のタイムスケジュール!3年の経験から両立方法教えます!!

こんにちは、ママデザイナーのひめ(@millys_design)です。

兼業主婦(主夫)の皆様、本当に毎日お疲れ様です。

私も1年の育休を経て、兼業主婦生活を始めてからまもなく3年経ちます。

その間、大変だったこと、良かったこと、山程あります!

ひめ
ひめ
育休明けてからの3ヶ月は本当に辛く、保育園からのお迎え要請がしょっちゅう。
2ヶ月目で私が39℃超えの熱を出し、3.4日寝込んだ時もあります。

約3年あると、いろいろありました。

今回は実際に体験中の私の経験から、兼業主婦生活の1日のスケジュール、そして家事育児との両立方法を、ご紹介します。


フルタイム兼業主婦のスケジュール

基本情報

まず、私は事務仕事で平日9〜18時で就業しています。
家から職場までは電車で30分程。

旦那は日曜+平日1日お休みです。平日にお休みの時は、保育園へお迎えに行ってもらいます。ただし、朝は行ってくれない…。

 

私の職場は、お迎え要請の電話が掛かってきたり、その日休ませないといけなかったりと、欠勤・遅刻・早退に出来る環境です。

台風の時や、土日どうしても出勤しなければいけない日は実家頼り。

 

この生活を育休が明けてから3年程続けていますが、まぁしんどい!って感じる時もあれば、いいなこの生活って思う時の繰り返し。

職場に、時短制度がなかったんですよ(泣)

 

働かないと旦那の給料だけじゃやっていけない、でも育休明けて小さい子がいる人を雇ってくれる寛大過ぎる所が他にあるのか?と考えて、結局元の職場にいます。

 

それでも勇気を出してWebデザイナーに転職し、この職場は収入確保のためにたまに出る程度、という形に収まりました。

今はもうこの生活に慣れてしまったし、この収入で生活費を考えるようになってしまったため、自らフルタイム勤務を希望しています。

 

許されるなら時短のがいいですよ、いろいろと楽だし。

でも、私みたいな状況だったり、どうしてもやりたい仕事をしていたり、子どもが小学生になったら時短じゃなくなる!って方もいますよね。

そういう方のために、フルタイムだとこんな生活になります〜ということを、紹介したいと思います。

このタイムスケジュールは、私は事務職だった時のものです。

 

1日のスケジュール

7時頃、起床

起きて自分の支度&子どもの支度もやるのですが、寒い時期はなかなか子どもが起きません!
なので、まだ寝ている状態で着替えさせちゃいます。

 

しばらくすると子どもが自分で起きるので、ご飯を食べてもらいます。

この時間はEテレが大活躍♪

その間、母はメイクをして、パパッと何かをつまみます。(つまめないこともある)

 

基本、前日の夜に明日の準備をしてあるので、ご飯を食べて、準備してある服に着替えて出かけるだけです。

 

8時前、保育園へお見送り

ご飯を食べたら、出発です。

靴は自分で履けるので、「行くよ〜」と言うと、「は〜い」と返事をして自分で靴を履いてくれます。

ここで「嫌だ〜」とごねられる日もあります。

そういう時は、しょうがなくお菓子で釣ったり、強制的に靴を履かせていると諦めてくれます。

 

我が家は、保育園から徒歩1分で行ける距離にあるため、送り迎えはとっても楽!なはずなんです。

距離だけでみると、楽なはずなのに…

最近子どもが自分で歩かず、すぐ”抱っこ”と言ってくるんです。

 

そのため、約16㎏の子を抱っこして、私の通勤バックと子どもの保育園バックを両手に掛け、歩いて行きます。
これがホントしんどい。

階段もそのまま昇り降り。。

 

見送り後、一旦帰宅。

メイクを仕上げたり、お弁当を詰め、母も出発。

 

職場に到着

仕事に行っている時は、子どもと離れてコンビニにも行けるし、ぼけ〜としながらお茶を飲んだりも出来る1番の息抜き…
のはずなんですが。

ここでも思うようにいかず、あっちの部署、こっちの部署と任されて、もはや私の所属はどこなんだ?と思うくらい、仕事を任されます。。

そんなこんなで、忙しく時間は過ぎていき、気付いたら終業時間です。

 

保育園へお迎え

就業後、急いで保育園へ向かいます。

電車の乗り換えなんぞ、1、2分で行います。

ホームの隣りにぴょいっと乗り換えるだけなんでしょ?って?

いえいえ、地下鉄から地上の乗り換え電車まで早足で駆け抜けます。
あくまで早足です(笑)

めっちゃ歩くの早いね(笑)って職場の人に言われたことがあります。

競歩に出れるんでは?と思う程。

じゃあ、ダッシュしろよと思いますが、あの人猛スピードでダッシュして…っていう目線が気になるので、あくまでも早足です。
ヒールでスタスタ歩く人なんて私くらいです。

 

19時頃、帰宅


子どもに今日何した?と聞いたり、何か歌いながら、19時頃帰宅します。

ここからが、私の今日1番の仕事の始まり!!


 

夕飯の支度・洗濯

面倒だからと明日に回してしまった食器洗いや、保育園で使った物たちの洗濯物、曜日によっては明日に備えてゴミ袋をまとめる仕事も待っています。

これらをスムーズに行うため、子どものご飯を準備して出し、先に食べてもらっている間に各種のことをこなします。

 

子どもの夕飯は簡単な物で、おにぎり+おかずとか、うどんとか、そんな感じです。

途中「牛乳飲みたい〜」とか、「アンパンマン見る〜」とか、「ママは何見る〜?」とか、いろんなことを言ってくるので、それに対応しながら進めていきます。

はい、全然捗りませーん(泣)

でも、やらなきゃしょうがないので、気合いでやります。

 

ここまでやって時計を見ると、いつも大体20時くらいになっています。

そんな事をやっている内に、旦那帰宅。
帰宅後は、子どもの相手をしてもらいます。

夕飯を作り終え、明日のお弁当もここで準備してしまいます。

 

夕飯タイム

やっと私たち夫婦も夕飯です。

ここで、さっき食べたはずなのに、子どももまだ食べる〜と言い出します。

結局取り分けながら、一緒に夕飯をいただくことになります。

 

お風呂タイム

子どもと一緒にお風呂。

旦那が朝風呂派ということ、この時間にまだ帰っていないこともあり、慣れている私が入れます。
これも地味にしんどい(泣)

私、家でも職場でも仕事が多いんです。

いつか倒れてやる、って思っています(笑)

 

洗濯干し

我が家は部屋干し派なので、この時間に干します。

 

寝かしつけ

子どもを寝かしつけます。

一時期はパパがいいと言い、またママがいいと言い、最近では3人がいいと言うので、皆で一旦一緒に寝ます。

ここで寝落ちしてしまうことが多いのですが、頑張って起きます。

 

明日の準備

再び起きて、明日の準備をします。

連絡帳への記入、タオルや着替えなどを出し、明日すぐに出かけられるようにセットしておきます。もう少し小さい頃は、おむつの名入れもこの時間にせこせことしていました。

 

23時過ぎ

再び布団に入り、ゴロゴロしようかと思ったらすぐに眠くなるので、大体寝落ちします。

 

こんな感じで1日が終わります。

見るとわかると思いますが、工夫しないと時間がなさ過ぎてやっていけません。

 


工夫していること


買い物は週1にする

1日のスケジュールを見るとわかると思うのですが、基本平日は買い物へ行かず、休みに週1でまとめ買いします

どうしても足りなくなる物はあるので、その時は買い足しますが。
大体なくなる物は、卵、牛乳、パンあたりと決まっています。

それらは帰宅ついでに行くか、旦那が帰ってきて子どもの相手をしている間に行きます。

 

仕事終わってからご飯を作るって、結構面倒ですよね?

かと言って、毎日買い物に行って惣菜を買って、とやっていると食費がかかる一方。

その時食べたい物ばかり買ってしまって、結局おかずになるような食材が少ない(泣)って事にもなる。

 

毎日ご飯を作るのは、相当労力がかかります。

そのため、食材と時間を無駄にしないよう、週1で行くようにしています。

 


献立を1週間分考えておく

仕事が終わって帰って来たら、

今から何をしたらいいんだろ?って、考えちゃう時ありませんか?


 

私あります(笑)

今日何から片付けたらいいんだろ?
何作ろうかな?って。

 

そんな時、自分が考えた献立表を見て、”そっか今日はこれを作るのか”と確認しています。

 

もちろん、その日に”それ今日食べたい気分じゃないんだよね”っていう時は、違う日の献立とチェンジします。

あくまでチェンジですが、どうせその週に食べたい物なんてたいして変わりません。
自分が考えたんだしね。

 

私はデジタル派なので、スマホのメモ帳に1週間分の献立を書いています。

大体日曜日に買い出しに行くので、日〜土曜を1週間として献立を考えます。

で、その献立から必要な食材をピックアップして買い物へ行きます。

 

献立を考える時の苦労を減らす工夫

最近では、クラシルというアプリを使っています。
すごく便利です!!

クラシルとは、動画で作り方が見られる、料理献立作成アプリです。

 

クックパッドやデリッシュキッチンなど、他にもたくさん料理系はあるのですが、……

献立を作って、その献立の買い物リストが作れるところが便利です。

 

方法は簡単です。

”献立を作る”と選択すると、数ある献立の中から主菜・副菜・汁物を選べます。

このアプリの特徴は、ランダムで献立の候補が出てくること。
(もちろん、自分で食べたいものを検索して、献立に追加することも出来ます。)

ランダムで出てくる献立候補は、和風・洋風・中華など種類を絞ることも出来ます。

 

献立が完成したら、”買い物リスト”に先ほど作った献立の中から、どの献立を何人分作るのか選ぶと、買い物リストに必要な材料が追加されます。

ここが1番便利!!

 

ご飯を作る上で1番面倒なことは、献立を立てて何の食材をどのくらい必要かピックアップすることですよね?

この作業を、クラシルは献立を選んで人数を選択するだけで買い出しをする食材をピックアップしてくれます。

また、作り方は動画で確認出来るので、初めて作るものでも安心です。

 

私はこのクラシルをかなり活用していて、ストック食材や足りない物も買い物リストに追加で書き出してあります。

 

このおかげで、食費、日用品(おむつ含む)を合わせて約3万/月以内で抑えられています。

食費だけだったら、約2万円ってところですね。

 

まとめ買い

先に紹介したクラシルを利用し、この先1週間に必要なものだけをピックアップしまとめ買いをします。

 

まとめ買いをすると何がいいのか?と言うと……

余分なものを買わずに済む=食費が浮く

 

仕事帰りに買い物へ行くと、お腹が空いていることもあれば、タイムセールなどの誘惑があります。
そして、お菓子などを買ってしまうことになります。

たまに買うのはいいんです。
献立外のものを買う日もないと、いつか我慢が爆発して衝動買いに繋がるため必要です。

 

肉類は月の初めに多めに買って冷凍保存し、先に小分け出来るしています。

休みの日に作り置きもいいかなと思い、やった時もありますが、休みの日こそ楽をしたい!と思ったため、結局やっていません。

 

また、毎日お弁当を持って行くので、平日はお弁当に取り分け出来るような献立にしています。

休みの前日はお弁当の分まで作る必要がないので、鍋など取り分け出来ないような献立にし、怠けます。

 

こうしてまとめ買いをすることで、精神的な負担を減らしています


まとめ

こんな感じで、仕事と家事育児を両立するために、日々工夫をしています。

仕事も家事も、時間で区切らないと怠けるし、何も進まなくなってしまいます。

効率良く進めるために、工夫して乗り切りましょう!!

ABOUT ME
hime *
Webデザイナー。30代ママ。 20年前からサイト運営、ブログ運営を経験しているWeb大好き人間。 20代で人生迷子になるものの、事務職を続け結婚出産後に復職。しかし、週5フルタイムでキツい&今後が不安になり、Webスクールへ。 卒業後、ネットショップのWebデザイナーになりました。