育児

保育園の転園手続き、スケジュールを公開【2度の転園経験者が解説】

こんにちは、ママデザイナーのひめ(@millys_design)です。

そろそろ春に向けて、移動を考える方が多いかと思います。

住宅購入や転勤などで移動する場合、引っ越しのスケジュールや手続きが気になりますよね。

中でも心配事の一つが、子どもの学校のこと。

 

幼稚園や高校、大学は市を跨いで通学が可能ですし、小中学校は公立なら自動的に学区の学校に入れますよね。

問題は、保育園です!!

 

ひめ
ひめ
年度途中での転園。しかも、我が家は子どもが1歳児の時に引っ越したので大変でした!
育休明けのママが多いのに定員が少ない上、
0歳児からスライドしてくる子で既に定員が埋まっています。
1歳時クラスは、
4月でも入園するのが難しいんです。

 

保育園は例外もありますが、基本的に住んでいる市の園にしか通えません。

しかも、保育園には定員があります

 

もし、引っ越した先の市内の保育園に入れなかったら?

困りますよね。

手続きも市によって若干違いますし、スケジュールもどう進めたらいいかわからない。

他にもやることがたくさんある中、引っ越しでの保育園の転園は本当に大変です!!

 

そこで今回は、転園までのスケジュール、手続き方法を、実際に引っ越して転園をした我が家が行った方法に沿って紹介します。

転園を考えたら読む記事となっていますので、引っ越しではない方もぜひ読んでくださいね。

転園を考えたら…

子どもにとって、1つの保育園で小学生になるまで通えれば、負担にならずに済みますよね。
ですが、それぞれ家庭の事情であったり、入園してみて園の方針等と合わなくて、転園申請を出している方も意外と多いです。

 

中でも、引越しは他にも手続きが多い中、同時進行で子どもの保育園を探すことになるため、本当に大変です。

引っ越し先が遠ければ遠い程、手続きは大変。

 

では、実際にどのような手続きを得て、転園が出来るのか?

実際に、うちの子が転園した時のスケジュールを紹介します!

スケジュール

保育園転園までの流れ
  • 4月下旬
    引っ越しを決意
    旦那の異動に伴い引っ越しを決意したため、就労証明書を職場に貰い、引っ越し先を探し始める。
  • 5月(第1週目)
    保育園の申請書を貰う、空き状況の確認
    申込書を貰い、空き状況を確認しに役所へ。
    直接行かなくても、申請書はネットでダウンロード出来、空き状況も電話すれば教えてくれる役所が多いですが、不安だったので直接行きました。
  • 5月(第2週目)
    空き状況から通える園を探す→見学
    空いている園が、たまたま引越ししようと思っていた場所辺りにあり、早速見学に行きました。
    引越し先は県内なものの地味に遠かったので、引越しまで時間がない中、また仕事をしている中でスケジュール調整をして行くことが大変でした。
  • 5月(第2週目)
    申込み書を提出
    見学に行った2園を、第1希望と第2希望としてを申し込み書を提出。
  • 5月(第3週目)
    第1希望園に決定!
    書類の締め切りから、わずか3日で決定!と役所から電話がかかってきました。しかし、もうその時点で5/20。
    あと10日で住民票を移さないと取り消しになってしまうので、急いで引っ越しの段取りをしました。
  • 5月(第3週目)
    住民票移動&各種手続き
    元々いた市の役所に行き転出届を出し、引越し先で転入届を出したり、児童手当や医療費の手続きをしたり。
    ここでやっと、入園が確定。
  • 5月(第3週目)
    入園説明会&健康診断
    入園予定の園へ行き、子どもと一緒に必要な物など説明を聞きに行きました。
    その後、入園前に病院で健康診断を受けるように言われましたが、平日でしかも毎日健康診断は曜日が決まっていたため園指定の所へは行かず、かかりつけの病院でしてもらいました。
    平日昼間にしか動けないことが多かったので、この時点でこの月はかなり仕事休んでいます。
  • 6月
    入園
    また一からなので、1週間程のならし保育が始まりました。
    仕事の関係で1日でも長引かせたくなかったため、初日はまだ引越していませんでしたが、元の家から新しい園へ送って行きました。
    ならし保育期間中、1週間はまともに仕事が出来なくなるため、スケジュール管理大事です。

 

このような流れで、転園しました。

 

これを、引っ越し先を決めたり、引っ越し業者を決めたり、役所や会社へ手続きをしながらやらなければいけません。

園に見学しに行くのも近くに引っ越すならいいですが、もしそうでない場合は行き来が大変です。

入園までの手続きは?何が必要?

①保育園の空き情報を調べる

市によっては、市のWebサイトに掲載されている場合もあります。

載っていない場合、市の保育園を担当している課へ直接行って聞きに行くか、電話で聞く必要があります。

 

空きがなければ申請出来ないかというと、そうでもないです。

もし空きが出れば選考してもらえるので、申請しておいて空きが出るのを待つのもいいです。

申請すれば、年度内(翌年3)までその書類を有効として扱ってくれるため、希望園に空きが出た!急いで申請しなきゃ!と慌てる必要もなくなります。

②希望園が決まったら、見学に行こう!

必ず、子どもを連れて見学に行きましょう

私は近いからここの園がいいかな〜と思って見学に行ったら、なんか合わないと思った経験があります。

 

第6希望くらいまで書ける市が多いと思いますが、”第1か第2の園に決まるでしょ”と思って、見学へ行っていない園を書くのはやめた方がいいです。

 

また、車で送迎する場合は駐車場の有無も確認してください。

園が決定してから確認してもいいですが、決まってからさぁ車で行こう!と思ったら駐車場もなく、車の通りが多いところだったら迷惑がかかってしまいます。

また、園の場所も必ず確認しましょう。

何も確認していないけど、希望を出し、決まってから”こんなに不便なところにあるの?”と思っても遅いです。

 

そういうことにならないよう、必ず見学に行ってから、希望園を決定し、申請書に記入しましょう。

 

一度決定してしまうと、撤回できません

どうしても変えたい場合、また転園するしかなくなってしまうため、注意しましょう。

③受付開始と締切日&結果が出る日を確認

4月入園で保育園に入る場合、大体前年の910月頃から申込書の受付が開始されます。

では、年度途中で入園する場合はどうかと言うと…大体前月1015日に申込みを締め切り、20日前後に選考結果が出ます。

20日頃というと、次の月まで約10日しかありません。

つまり、10日で引っ越しや手続き関係を完了させなければいけません。

本当に時間がないのです。

④入園が決まったら、健康診断を受け、必要なものを揃える

入園前健康診断を受けに行き、園で必要なものを揃えましょう。

 

保育園が変われば、必要な物も変わります

タオルの枚数が前の園に比べて多かったり、カバンが指定のものであるかないか、お昼寝する年齢の子なら布団がいるかいらないか。

微妙な違いですが、必要な物は園それぞれ。

 

園が決まるのが月末のため入園まで時間がない、更に引っ越しで必要なものも買わなければならないけど、仕事は行かなきゃいけないという中、子どものものを買い足さなければいけなくなります。

我が家の引っ越し時、ここが1番盲点だったな〜と思います。

園によって必要なグッズが違うというのはなんとなくわかっていたのに、入園出来るかどうかばかりを考えていたため、見学段階で何が必要か詳しく聞かなかったんですね。

そのため、入園説明時に初めて足りないものがあると知るという状態になり、本当に時間がありませんでした。

 

  • 入園までに時間を確保出来るか?
  • 何が必要になるのか?

しっかり確認しましょう。

申請に必要な書類

4月入園でも年度途中での入園でも、必要な書類に大差ないです。

大体の自治体で必要になる書類は、以下のものです。

  • 申込書
  • 両親の就労証明書(パパだけでいいところもある)
  • 市を跨ぐ転園の場合、前年度の課税証明書(夫婦それぞれ1部づつ)

 

その他、マイナンバーの番号や住民票が必要だったりと、自治体によって異なります。

必ず、申し込みをする自治体に確認しましょう。

転園手続きで気になることQ&A

住民票はいつ移すべき?

我が家の例で言うと、月末に引っ越して、その時に住民票も一緒に移しました

 

引っ越しの際に市の担当者に確認したところ、月の最初に住民票があれば月途中で転出しても、その月内は同じ保育園へ通えるとの事でした。

また、親のどちらかがその市に住民票があったり、その市で働いているなら、通い続けられる市もあります。

 

市区町村によっては、”何日までに住民票を移さないと転園が決定しても取り消す”、という決まりがあるところがありますので、そことの兼ね合いも考えなければいけません。

 

引っ越し先の役場へ行く手間は、遠ければ遠い程かかりますよね。

引っ越した日に住民票を移し、その他の手続き全てをその日に完了出来るのが1番いいです。

 

ですが、住民票を移す日を間違えたら、今通っている保育園をすぐ辞めなければいけなくなり、引っ越し先の保育園に通える日まで預け先がない!でも、仕事も行かなきゃいけない!!ってことにもなりかねません。

必ず、確認しましょう。

 

認可外保育園ならどこに住民票があろうと、関係ない園が多いです。

ですが、認可保育園は、基本はその市区町村に住んでいる方のためにあります。

先に認可外保育園を確保し、引っ越してから改めて認可保育園の申請をする手段もあります。

 

が、認可外は金額が高い等の金銭面問題が発生します。

ただせさえ、引っ越しでお金がかかるのでなるべく最初から認可で!!という方も少なくないはず。

どうしたら間を空けずに転園が出来るのか、引っ越し先の市区町村の担当者と相談するといいです。

 

引っ越し前に申請ができるのか?

引っ越し先の市区町村によりけりです。

申込書を出す時点で、住宅の購入証明や賃貸契約書を求めてくる市区町村もあります。

決定してから、通園を始める月の1日までに住民票を移してくれれば大丈夫、というところもあります。

最初から何か引っ越しに関する資料がなくても、申請出来るところもあります。

本当に、この辺りは引っ越し先によります。

 

なぜ国内全ての自治体で同じ手続きにしないのか疑問ですが、住む場所が変われば手続きは違うことを覚えておきましょう。

 

必要な他の手続き

園が決まった!引っ越し先も決まった!!

と思って、それで終わりではありません。

 

子どもに関することで重要な手続きが、以下の2点です。

 

  • 今いる園の退園手続きをする
  • 児童手当の申請
  • 子ども医療証の申請

 

児童手当と医療証の申請は、住民票を移す時に同時に申請出来るように準備しましょう!

今いる園の退園手続きをする

園に退園する旨を伝えましょう。

すると、園から退園のための書類をくれるはずです。

場所によっては、「役所へ行ってください」と言われるかもしれませんが、どちらにしろお世話になった園には、直接退園することを伝えましょう。

 

私たちが思っているより、子どもと先生には信頼関係が出来ています。

子どもが理解出来ないだろうと思っていても、子どもにも”もうすぐ、さようならをする”と伝えておきましょう。

 

児童手当の申請

毎月国から貰える児童手当の申請を、途切れさせることなくスムーズに申請しなければいけません。

住民票を移す時、同時に申請しに行きましょう。

 

引っ越したからといって、自動的に変わりません。

自分で引っ越し先の市区町村に申請しないと、支給されなくなります。

子ども医療証の申請

保険証とは別に、子どもの医療費が無料(自治体によって対象年齢は異なります)になる黄色い紙がありますよね?

これも引っ越し先の市区町村に申請しないと、対象年齢であっても無料ではなくなってしまいます

子どもの医療費に関わる大事な事なので、忘れずに手続きしましょう。

手続きの際は、子どもの保険証を持って行くのも忘れずに!

児童手当を貰っている人が、申請手続きをしに行きましょう。

(世帯の中で1番収入が多い人”になっているはずです。)

代理人が行くと、委任状が必要だったりと面倒な事が多いものです。

そのため、手当の支給を受けている人が旦那さんの場合、旦那さんも一緒に来て貰った方が、手続きがスムーズにいきます。

最近は各種手続きの際、マイナンバーの番号が確認できるものの提出を求められる事が多いです。

我が家はカードを作っていないため、最初に郵送で貰ったぺらぺらの紙の通知カードを持参していますが、それでも大丈夫でした。

印鑑はどの手続きの際にも必要なので、忘れずに持っていってくださいね。

 

元の市区町村で転出届けを出す際、子ども課などに行き引っ越すからという事情を話すとどうすればいいか教えてくれます。

私の覚えでは、児童手当は元の市で転出届けを出すと勝手に解除になり、医療証は返却するだけで終了しました。

その後、引っ越し先で両方の申請をし、空白の期間も出ず、無事に完了しました。

まとめ

以上、転園をするためのスケジュールや手続きでした。

年度途中でも4月入園でも、保育園に入園するのは本当に大変です。

 

時間がなかったり、気力がなかったりいろいろあると思いますが、希望する園の見学は必ず行きましょう。

子どもと一緒に行き、どんな感じでこの園で生活するかな?どんな先生がいるのかな?と確認しに行きましょう。

ABOUT ME
hime *
Webデザイナー。30代ママ。 20年前からサイト運営、ブログ運営を経験しているWeb大好き人間。 20代で人生迷子になるものの、事務職を続け結婚出産後に復職。しかし、週5フルタイムでキツい&今後が不安になり、Webスクールへ。 卒業後、ネットショップのWebデザイナーになりました。