ライフスタイル

あなたの食費も絶対に減る!食費を月2万円にするコツ教えます

こんにちは、ママデザイナーのひめ(@millys_design)です。

いつもは、主にWebデザイナーのことについて書いています。

今回は趣向を変えて、主婦なら気になる、食費の話です!!

 

ひめ
ひめ
よく家族5人で食費2万円!という特集を見ませんか?
あれ、本当のところはどうなのか…。
我が家でも出来るのか、気になりますよね?

何を隠そう…

我が家が、その食費月2万円の家族です!!

(ただし家族は、私、旦那、4歳の息子の3人)

 

食費を2万円にするのは、難しいと思いますか?

いえいえ、実は簡単なんですよ♪

 

ただちょっとコツというか、やり方があります。

 

そのコツを守ったら、大体2万円でいけるはずです。

2万円まではいかなくても、劇的に食費を減らすことは可能です。

 

その方法とは、月々2万円の食費で生活している私の考え方を真似すればいいだけです。

今から言うコツを、そのままパクってみてください。

 

それでは、食費を月2万円にするコツ、教えます!!

準備編

コツ①1週間分の献立を立てる

ここが1番重要です。

 

料理は下準備が重要、と言いますよね?

実は、献立を立てる段階から重要です。

 

この段階で8割決まりますよ、食費が!!

というわけで、しっかり献立を立てましょう。

 

なぜそうするのか?というと……

週1回しか買い物に行かないようにするためです。

 

そうなんです。

食費を抑えるためには、そもそもスーパーに買い物に行く回数を制限する必要があります。

 

あなたは、週に何回買い物に行っていますか?

たぶん、毎日か最低でも週3.4回は行く人が多いんじゃないかな?と思います。

 

これが食費がかかる元凶!!

 

だって、買い物に行くと……

「わ〜、安くなってる。買おう♪」

「子どもが好きなお菓子。買っておこう」

「これ食べたかったやつだ。買おう!」

という誘惑がいっぱいです。

 

その度に献立外の物、買っていませんか?

絶対買ってますよね?

 

それをなくすためには、

週1しか買い物に行かない

(まとめ買い)

=1週間分の献立が絶対必要

となるわけです。

 

メニューは何でも大丈夫です。

ただメイン料理だけ決めて、おかずはその日の気分で!というのはやめましょう。

 

学校給食みたいに献立表を作るんです。

【8月31日のメニュー】

カレー、サラダ、スイカ

 

という風に、何日に何を作るのかを全て決めてください。

 

めんどくさっ!と思いましたか?

えぇ、めんどくさいんです(笑)

 

でも、これを制した者だけが……

食費月2万円を勝ち取れるんです!!

 

もちろん、後から何日と何日の献立を入れ替えるのは全然OK

献立を立てること自体が面倒になるため、やり過ぎないようにしてください。

 

また、少し幅というか遊びを持たせてください

休みの日は楽したいから、さっと作れるそうめんにするとか、食材切るだけの焼肉にするとかね。

家族のルールや習慣があるのなら、それも献立に反映させましょう。

コツ②必要な食材をリストアップする

献立を立てたら、次は食材のリストアップです。

これも面倒な作業なので、私が実践しているやり方を教えますね。

 

私が献立を立てる時は、クラシルというスマホアプリを使っています。

(Webサイトもあるので、PCやタブレットからでも見れます)

 

何が出来るアプリかと言うと…

クックパッドみたいに、レシピを検索出来るアプリです。

 

ですが、更に凄い機能があって……

献立と買い物リストが作れるんです!

(これ超便利ですよ!!)

 

また、全ての料理は動画で作り方が見えて、わかりやすい。

ガパオライスを食べたことがないから、手順や食材を文字で見ても全然わからんわ!

献立には入れない!ってことがなくなります。(よくあるはず)

 

凄くないですか?

いちいち献立考えて、必要な食材をリストアップしていたら半日終わるわ!

ってならなくてもいいんですよ。

(最初このアプリを知った時、震えました。このアプリの回し者じゃないけれど、会いたくて会いたくて。。←それは言い過ぎ)

 

もちろん、自分で献立から食材をリストアップしてもOK。

デジタルに対抗がなければ、クラシルは本当にオススメです♪

買い物編

コツ①週1回だけ行く

先程も言いましたが、週1回だけ買い物に行ってください

冷蔵庫の関係でどうしても入らない!という場合は、せめて週2回程に抑えてください。

 

この方法は私がフルタイムで忙しく、週1しか買い物に行く時間がない。

そのため、必然的にやっていたのですが…

 

抜群に効果があります!!

確実に食費が減ります!!

 

食費に限らずですが、買い物にさえ行かなければいいんです。

行ったら行っただけ、余分な物を買うんです、人って。

毎日仕事前にコンビニでタピオカ買わなきゃ、私はもっと貯金出来ているはず。

というのと一緒。(私の実話)

 

買い物は最低限行けばいい。

 

2週間に1回の買い物でもいいです。

でも、冷蔵庫事情や、持ち帰える時の重さを考えると、週1や2回が妥当だと思います。

食材によっては、痛みますしね。

コツ②1人で行く

子どもがいるママさん、ついつい子どもがお菓子を手にしていて、離してくれない!

ってこと、ありますよね?

そのお菓子、意外と高いんだけどっていう、おもちゃ付きでラムネが数個入りの物とかね。

よく掴んで来ませんか??

 

また、旦那と行くと、今日はビール欲しいとか、肉食べたいな〜とか。

ラーメン持って来たり、とか。

大人なのに、余計な物持ってきませんか?我が家だけかな?

 

献立外の物を買わないためにも、敵は最初から排除しましょう(笑)

コツ③誘惑に負けない

スーパーは誘惑の宝庫です。

あらゆる角度から、あなたを誘ってきます。

3パックで◯◯円!というポップだったり、限定品という誘惑がすぐやってきます。

 

スーパーは、誘惑の魔物が住んでいる所です。

 

そんな所に、足を踏み入れるんですよ。

RPGみたいにホイミやケアルなんて、使えないんですよ。

 

空腹状態で入っては、いけません!!

ノー献立で行くなんて、即死です!!

 

 

必ず献立からリストアップした食材のみを買う!!

(家族を空腹から救えるのは、ワタシだけなの!!!!)

という、強い心意気で挑みましょう。

 

限定品を買っても、あなたの食費は安くなりません。

コツ④クレジットカードで買う

これは自由ですが、クレジットカードの方がお得です。

私の買い物は、全てキャッシュレスです。

現金はほぼ持っていません。

 

カードで支払いをするメリットは、ポイントが貯まること。

 

現金で買い物をすれば、そのスーパーのポイントは貯まるかもしれません。

ですが、還元率のいいカードを持っているなら、クレジットのポイントの方がお得なことも多々あります。

 

次に、今はこんなご時世なので、現金に触れなくていいこともメリットですね。

クレジットカードを持っている方、その買い物の支払いもカードの方がお得かもしれませんよ。

コツ⑤場合によっては、ネットスーパーを使う

①〜④までコツを書いておいてなんですが……

これまでのコツを1度にクリアする方法があります。

 

それが、ネットスーパーを使うことです。

 

じゃあ、最初からネットスーパーオススメしてよ!と思うかと思いますが。

まぁ、買い物って息抜きも兼ねてません?

 

何か新しい物を見つけて、おぉ!!って思いたいじゃない。

それ買って試したい!

美味しかったらオススメしたい!!

っていうのが女子。

(こういう時のために、嗜好品を買うのは大事です。あとで説明します)

 

なので、ネットスーパーは大変な時に使う方がストレスも溜まりませんので、最初からオススメはしませんでした。

 

メリットは、重い物でも玄関まで持って来てくれることですね。

妊娠中や子どもが生まれたばかりの頃、よく使用していました。

最近は、風邪の時や雨が凄い時などに使用しています。

(本当にネットスーパーの方々、ありがとうございます)

 

そして、スマホからでも見れるので、1人で黙々と選べるため、買い過ぎの防止が出来ます

 

普段買い物に行き、カゴに商品を入れる度に計算すればいいのですが、まぁしないですよね?

でも、ネットスーパーならカゴの中身を見ると、自動計算してくれます。

商品が画像付きでずらーっと表示されるので、可視化されてわかりやすい

 

効率が凄くいいです!

 

デメリットは、買いたい物が注文画面にない、注文しても売り切れている、高いこともあります

また、地域によっては配達地域外だったり。。

 

そういうデメリットがあるものの、やはり超便利です。

ネットスーパーが使える地域の方、試しに使ってみるといいですよ。

下ごしらえ編

買い物に行って、はいおしまい!!じゃありません。

食材を買って来てよくやってしまう失敗が、腐らせてしまうこと!

それを防ぐために、私は以下のことをしています。

コツ①肉は小分けにして冷凍する

1週間分の肉は、結構量があります

そのまま冷蔵庫に何日も入れると、変色や腐る原因になります。

かと言って、パックごと冷凍すると、解凍時に手間がかかります。

 

そのため、買って帰ったらすぐに小分けにして冷凍します。

我が家は200g毎に分け、コストコのプレスンシールで包んで冷凍しています。

 

大体使う量って、決まっていませんか?

我が家は200g毎によく使うので、分けておけば楽だと思い、その分量になりました。

家庭に合わせて、グラム数はお好みで変えてください。

小分け出来たら、冷凍庫内でバラバラならないよう、ジップロックに入れて完成!

 

コツ②冷凍出来る野菜は切って冷凍する

我が家では、ほうれん草、ネギ、ピーマン、玉ねぎを冷凍しています。

使う時にとっても楽でいい

 

夏はどうしても野菜類は傷みやすいですし、共働きなので夕飯調理に時間もかけられません。

そのため、買って来てすぐに切り分け、冷凍しています。

料理〜食べる編

コツ①献立シャッフル

ここまで来たら、いよいよ献立通りに作り、食べるだけです。

が!!そうもいかない日があるんですよ。

理由は、家族が今日はそれが食べたい気分じゃなかったり、用事が出来たりという日もあるから。

 

家族が気分じゃないなら、説得すればいいんですよ、今日の献立はこれ!と。

強引だけど。

そうならないように、いつでも見えるように、1週間分の献立を冷蔵庫に貼り付けておくとか、やり方はあります。

 

でも、突発的な用事はなんともなりません

 

そういう時に役立つのが……

献立シャッフルです。

 

つまり、○日と○日の献立を変える、というシンプルな回避法

 

献立を考える時に、幅というか遊びを持たせてねと言ったのは、このためです。

 

私は休日や休日の前日は、料理を頑張らない!いわゆるズボラルールの日を設けています。

こういうルール設定が大事です。

 

何か自分や、家族の癖や習慣ってないですか?

我が家は、金曜は絶対カレーです、とかないかな?

 

私は、休日や休日の前日になると、やる気がなくなるんです。

平日の反動で。

なので、あらかじめ頑張れないな〜とわかっているので、その日の献立は楽なものにと決めています。

 

怠けたい日、誰かが変わりに作ってくれる日があるなど……

何か事前にわかっていれば、それを献立に反映されるといいです。

 

前もって分かっていれば、献立シャッフルしなくても対応出来ますしね。

またストック出来るものなら、しておくと回避できます

 

急にそうめんが食べたい〜と言われても、ストックしてあればメインを切り替えたり、シャッフルしたりして対応。

そして、おかずは献立通りに作る。ということが可能なわけです。

この辺りは慣れて来たらで大丈夫。

 

いろいろ試してみて、家族のやり方に合った方法を模索するといいです。

おまけ

具体的にどんな食材を買っているの?

食費を抑えている人たちが普段何を買っているのか、ご存知ですか?

ここでは私がよく買う食材を、具体的に教えますね。

よく買う野菜

もやし、キャベツ、玉ねぎ、ネギ、にんじん、ほうれん草、ピーマン

  • もやし.…..何でも使える万能食材。
  • キャベツ……炒めてもサラダにしてもOK。
  • 玉ねぎ.…..大袋で買い、切って冷凍に。
  • ネギ、ほうれん草、ピーマン……切って冷凍にすると、後々使う時に便利。
  • にんじん……冷凍にすると微妙なので、そのまま野菜室で待機。結構いろいろ使える子。

 

よく買う肉

豚小間切れ、豚ひき肉、鶏モモ肉

メガ盛りやLサイズなど、とにかく特盛りサイズで購入し、200gに小分けして冷凍します。

 

その他よく買う食材

豆腐、揚げ、キムチ、焼きそば、冷凍うどん

万能食材たち。

  • キムチ……豚キムチにしても、そのまま漬物で出しても良い。あともう一品!の時に役立つ。
  • 冷凍うどん……子どもがふいにお腹空いた〜と言って来た時、即対応可にするため。

 

スーパーは、はしごすべき?

私は1つのスーパーで済ませます。

理由は、面倒だから(笑)

今日はここへ行って、これを買おう!と決めています。

スーパーはそれぞれ特徴があるので、目的に合わせて買い物をすると効率がいいです。

よく行くスーパーは?

主に以下のスーパーです。

大体この中から目的を決め、買いに行く感じです。

たまに気分で変えますよ。

ホームセンター併設のスーパー

ホームセンター併設のため、万能。

  • メリット……無難に何でも揃って万能。無い物はない!くらいの勢い。
  • デメリット……特になし。ここをホームにしています。

 

駅併設のスーパー

かなり万能!電車通勤の共働きの救世主♪

  • メリット……無難に揃う。こういう場所にあると惣菜が豊富。たまに楽するために買いたくなる。
  • デメリット……特になし。ここをホームにしています。

 

イオン系スーパー

朝早くても夜遅くてもやっている!

  • メリット……惣菜が豊富で、魚や自社製品が安い。
  • デメリット……他のスーパーより高いものは高い。

 

激安スーパー

メガ盛りでも、いつも安くて助かる。

  • メリット……野菜も肉も安い!!メガ盛りで売られているのが普通なので、まとめ買いに最適。
  • デメリット……買いたいものが揃わない。ラップやカレールーなどの種類がなくて、いつも買ってる物がない!と思うことが多々ある。

 

業務スーパー

主に肉や冷凍食品を買うために使用。共働きの救世主。

  • メリット……冷凍食品がとにかく豊富!必需品。
  • デメリット……激安スーパーと同じく種類がないため、いつも買うカレールーもラップもない。冷凍食品を買いすぎて、冷凍庫がパンパンになる恐れあり。

 

ドンキの食品売り場

激安の殿堂は、名ばかりじゃない!朝早く夜遅くまでやっているため助かる。

  • メリット……お肉が本当に安く、メガ盛りがあって助かる。種類が豊富なのが他の激安スーパーと違う。ここなら、カレールーもラップも揃う。
  • デメリット……家の近所にない。ただそれだけ。

 

コストコ

たまに息抜きで行くところ。個人的にはチーズケーキが好き。

  • メリット……ここにしかない物を求めて、旅に出る気分で行けること。
  • デメリット……行くと瞬間的に月2万円を飛び越える。家から遠い。

 

簡単に作れる素は買っている?

麻婆豆腐の素とか、クックドゥなど。

それさえ入れれば味がつき、すぐ料理出来る系の、なんとかの素は基本買いません

(最近は面倒になったので、たまに買っています笑)

 

主婦になって初期の頃、本当に何の素も買わず、調味料から全て調合して作っていました。

もう化学の実験かよ、っていう勢いでしたね。

 

鍋つゆも、麻婆豆腐も、炊き込みご飯は当たり前。

すきやきの割り下や、つゆ系も作り出していました。

惣菜って買う?

これも、基本買いません

(たまに冷凍系を買うけれど)

嘘やん、唐揚げとかメンチカツとかは??って?

 

全部、作ります!!!!

 

唐揚げだろうが、餃子だろうが(皮は買うよ)、ハンバーグやメンチカツやコロッケも。

全てフルタイムで仕事をしてきて、夜19時過ぎからコネコネして作っていました。

よくそんな気力あったよ。。

たまに業務スーパーの冷凍に頼るけれど、基本買いに行く時間ないので自作多し。

 

惣菜系はかなり食費を占めるので、作った方が絶対に食費浮きます!!

 

専業主婦や時短勤務の方、ぜひオススメです。

(フルタイムの方は、ぜひ文明の力に頼ってください)

嗜好品や雑費について、あとがき

食費を月2万円で抑える方法、どうでしたか?

なんとなくうちでも出来そう♪と思いましたか?

 

特別なことは、何もしていないんですよ。

ただ献立を立て、それ通りの物を買い、献立通りに調理する。

それだけです。

食費が高くなる原因は……

圧倒的に、余剰分の食料やお菓子などの嗜好品です。

 

でも、我慢出来ない!

毎日コーヒー飲みたい!

チョコもアイスもビール飲みたい!

と思うのが人間ですよね。

 

そこで食費とは別に、嗜好品費や雑費を作ることをオススメします。

(雑費…トイレットペーパーやティッシュ、生理用品や洗剤など)

 

ハッキリ言って、

嗜好品や雑費含めて食費2万円は無謀です。

 

米や野菜は貰えるとか、自給自足している以外、無理ですね。

(一部を除き、ほとんどの家庭にそんな恩恵はない)

 

貧相にならず、我慢もせずに食費を抑えるには、嗜好品や雑費を別として考えるのが1番いいです。

 

今回紹介したのは、食費だけを月2万円で抑える方法です。

 

結局そんなことかよ!と思うと思いますが……

実体験として、そうしないと月2万円に抑えるのはほぼ無理です。

 

おそらく雑誌などで特集している、食費月2万円の家族も嗜好品や雑費は入っていないはず。

入っているとしたら、小食か人数少ない家族です。

激安スーパーか田舎で物価安い!自給自足!じゃない限り、難しい。

 

月2万円に抑えるのも、今回紹介したように頑張らないとすぐ超えます。

 

以上、私の主婦生活5年間の経験を通してわかった、食費を抑える方法でした。

あなたの食費が抑えられ、浮いた分でハッピーな思いが出来ますように♪

ABOUT ME
hime *
Webデザイナー。30代ママ。 20年前からサイト運営、ブログ運営を経験しているWeb大好き人間。 20代で人生迷子になるものの、事務職を続け結婚出産後に復職。しかし、週5フルタイムでキツい&今後が不安になり、Webスクールへ。 卒業後、ネットショップのWebデザイナーになりました。