育児

本当に役に立った育児グッズ紹介!【0歳児編】

こんにちは、ママデザイナーのひめ(@millys_design)です。

振り返るとうちの子も、もう3歳。

かなり喋りが上達し、旦那が子どもに「賢いね〜」と言ったら、「あたまがいいってことだよね?」と返って来たと聞きました。

それくらい、最近はいろんなことが理解出来ます。

ひめ
ひめ
そうそう、赤ちゃんの時が1番いろんなグッズのお世話になりました。
今回は、その中でも特にオススメ品を集めましたよ!もう使っていない物も、まだ使っている物もあります。

たくさん育児グッズはありますが、今回は本当に使えたものだけを厳選しました!

食事、トイレ、おでかけ、お風呂グッズから、それぞれ12個のグッズを紹介します♩

お食事グッズ

使い捨ての哺乳瓶

特にこだわりなかったけど、赤ちゃんに合ったものを。

お出かけ時には、使い捨てがオススメ!!

液体ミルクを注げば、すぐ飲めますし、捨てることが出来るので荷物を減らすことが出来るので楽ですね。

ミルクキューブ

深夜、寝ぼけた中でミルクをあげる時に本当に楽です。

わざわざ粉ミルクを軽量して、お湯入れて〜、って赤ちゃんが泣いている間にやるのは、心を痛めるもの。

これがあれば、1個40mlと決まっているので、ポンポンっと入れていくだけ。

私は実家に帰った時、お出かけ時にもよく使っていました。

ベビーフード(離乳食)

離乳食が始まると、なぜかママたちは頑張って作ろうとします。

でも、少量しか食べないんですよね、最初って。

そして、結局何を作っていけばいいかわからなくなる。

だったら、市販の離乳食でもしっかり栄養があるし、余ったら冷蔵庫に入れればいい!と思い、市販物に頼りました。
確実に、素人が作るより栄養バランスがいいでしょう。

ママは、他にもやることはたくさんあるので、罪悪感を持たず、頼れるものには頼りましょう!

トイレグッズ

おむつが臭わない袋

おむつ専用のゴミ箱もありますが、それより断然楽です!!

普通におむつを袋に入れて、普段のゴミ箱にポイッとしても、全然匂いません

うんちついてても、縛ってしまえば全く無臭です。

 

袋の上から匂っても、袋そのもののゴムっぽい匂いがするだけで、全く匂いません。

それ程強力なので、本当に感動しますよ!

高いカセットを買ったり、専用ゴミ箱なんか買わなくても、ゴミ袋そのものが匂わなければ、解決します。

アカチャンホンポのおしりふき

なぜかこれが、分厚さや水分量がちょうどいいんです。

おむつブランドが出しているおしりふきも使ったことがありますが、それより分厚さや水分量を考えると、やっぱり良いです。

箱買い購入になりますが、お手拭きにもテーブル拭きにも何でも使えるので、我が家ではすごく重宝しています。

結構すぐ1袋使ってしまうので、箱買いでも全然大丈夫です。

楽天でも、常に上位入賞しているので、みんな同じ意見みたいですね。

近くに店舗がない方、ネットで購入するのがオススメです。

お出かけグッズ

エルゴの抱っこ紐

これは、本当にいくら抱っこしても疲れませんでした。

使用していたのは、首座り〜歩くようになるまでの、約8ヶ月です。
その間、毎日のように使っていました。

お出かけはもちろん、後ろにおんぶの形でご飯を作ることもよくありました。

 

街でも、大体の人がエルゴの抱っこ紐を使っています。

なんでこんなにエルゴばっかりなんだろ?と思ったのですが…

 

使ってみて思った感想は、

作りがしっかりしているし、長時間抱っこしても疲れない

 

正直、そのまま素手で抱っこしてると、慣れないうちは腱鞘炎になるくらい、手首が痛くなります。

子どもが大きくなった今思えば、赤ちゃんは相当軽いから楽々じゃん♪って感じですが、産まれたばかりの頃は、本当は手首が痛かった覚えがあります。

 

その状態で、抱っこ紐なしで抱っこし続けるのはかなり大変。

ベビーカーは場所取るし、嫌がる子だと必然的に抱っこになります。

 

エルゴの抱っこ紐や他のも、赤ちゃん用品が売っているお店では、試着出来るところが多いです。

試着してから、自分に合った抱っこ紐を購入するといいです。

 

あっ、ベビーカーや抱っこ紐を買うのは、産まれてからで全然間に合います。

むしろ、最初の1ヶ月はお出かけ出来ないので使いません。

どっちがいいかな?と考えてから買っても、遅くないですよ。

チャイルドシート(屋根付き、回転出来るもの)

まだ赤ちゃんだと、後ろ向きにしか車に乗せられません

そのため、後ろの窓からの日が、もろに赤ちゃんに当たります。

で、日焼けします

 

うちは屋根なしのを使っていましたが、よく日焼けしていたので、そういう意味でも屋根付きが売ってるのか!と納得したので、オススメに入れておきました。

あった方がいいです、特に夏場は日焼けしますし、暑いです。

また、回転出来るタイプのものだと、乗り降りがすごく楽です。

しばらく後ろ向きに乗せるので、シートベルトを締めたりがしやすいです。

粉ミルク小分け袋

お出かけ時、ミルクキューブだと高いし、でも粉ミルクを持っていきたいけどどうしよう?

という時、小分け出来る袋に粉ミルクを入れて持ち歩いていました。

あらかじめ軽量し、袋に入れる作業は必要ですが、軽いし自宅にある粉ミルクが手軽に持ち運び出来たため、1番使っていた商品です。

お風呂グッズ

バスタブを最初に買う方が多いと思いますが、本当にいらないというか、使えません。←断言します!

理由は、赤ちゃんの体重を支えるのに、親の手首や腕が痛くなるから。

 

いくら水の中とはいえ、ある程度体重があるので支えていると、痛いです。

そして、バスタブは意外と深さがあります。

浅くしてくれりゃいいのに〜!!と何回も思いました。

 

意外と深さがあっても、バスタブの底に赤ちゃんのお尻が付くように入れ、そこから赤ちゃんの体の半分くらいしかお湯を入れません。

なので、バスタブから赤ちゃんの首や肩の辺りまで、少し頑張って腕を突っ込むことになります。

 

最初もう使わないから〜という旦那姉からお借りしていたのですが、正直、しんどかったので返却しました。

で、我が家が次に使ったのは、これ↓

ふかふかベビーバス

膨らませるベビーバスはたくさんあるのですが、その中でもお尻?股あたりに突起があり、股で止まり、ずれ落ち防止をするタイプがオススメ。

これなら、ズルズルと赤ちゃんが湯船に落ちていくことなく、止まってくれるのでかなり楽です。

プラスチックで出来ていたバスタブと違い、膨らませるタイプだったので、ふわふわで腕も痛くなく快適でした。

 

デメリット

よく乾かさないと穴が開いて、壊れます。

ふかふかベビーチェア

これが1番楽でした。

同じく膨らませるタイプの、イスです。

自分で座れるようになった頃、ここに子どもを乗せ、少し待っててもらうことが出来たので、大活躍でした!

よく乾かしておけば、リビングでイスとしても使えます。

スポンジバスマット、おふろマット

我が家に次に赤ちゃん来て使うとしたら、恐らく真っ先にこれ使うと思います。

最初の寝返りしない時期、本当に産まれてすぐの時期はこれが1番楽だと思います。

 

赤ちゃんは、絶対に湯船の中で体を洗う必要なんてないんです。

寝かせて洗ってもいいんです。

で、その後に湯船に入れれば、あら簡単。

沐浴なんて高難易度なもの、誰が考えたんでしょ?

最初にこの商品に出会いたかったです。

フード付きタオル&ママ用バスローブ

赤ちゃん用のフード付きタオルは、定番商品になってるかと思います。

ひよこやカエルやカピバラさんまで、いろんなキャラクターのフード付きタオルが売っています。

フード付きタオルは、お風呂から上がったら頭から被せてタオルで体が拭けるので楽です。

 

で、もう1つ、ママ用のバスローブがあると更に楽です。

そんな金持ちみたいなタオル使わないよ〜、なんて思わないでください。

 

赤ちゃんでも、パパッと拭いて、パパッと着替えさせるの大変ですよね?

で、自分も一緒にお風呂入った時、いつ自分の体を拭く時間があるのか?と。

誰かが入れてくれたり、着替えを誰かがやってくれるならいいですよ。

自分1人だと、自分の体を拭く時間がないんです。

 

なので、自分でお風呂に入れるよ〜という人は、自分用のバスローブはあった方がいいです。

湯冷め防止のためにも。

まとめ

我が家はベビーカーに乗せると嫌がる子だったため、ほぼ抱っこ紐移動でしたので、1番お世話になったのはエルゴの抱っこ紐です。

ベビーカーは出産祝いで貰ったのですが、全く使いませんでした。。

子どもの性格もあるので、ベビーカーと抱っこ紐だけは、産後に様子見てから購入しましょう。

逆に哺乳瓶やミルク、おむつ、服、チャイルドシートは、産前に買わないといけないので、情報収集や赤ちゃん用品のお店に行って、準備品として購入しておきましょう。

ABOUT ME
hime *
Webデザイナー。30代ママ。 20年前からサイト運営、ブログ運営を経験しているWeb大好き人間。 20代で人生迷子になるものの、事務職を続け結婚出産後に復職。しかし、週5フルタイムでキツい&今後が不安になり、Webスクールへ。 卒業後、ネットショップのWebデザイナーになりました。